日本医学脱毛学会事務局

〒933-0874 富山県高岡市京田441-1

0766-25-7066

  • Facebook - Black Circle

Copyright@2009 日本医学脱毛学会 All Rights Reserved.

前期8単位)腋窩の脱毛の諸注意


●特徴
 a. 側胸部、腋窩中央部、上腕内側部の3つに区分される、特に中央部は毛流方向が不定である。
 b. 腋窩神経叢が走っている。


●実際
 a. 対極板は心臓の下の肩甲下部は避け、上腕部の下に置く。
 b. 腋窩神経の走行を避けて通電する。伴走する動脈拍動により神経叢の走行を確認し、皮膚を上または下に引っ張り、針先が神経から離れるようにして通電することが大切です。
 c. 毛量の多い場合は間引き脱毛をする。
 d. 軟毛の脱毛開始は、2~3回目より、行なうのが望ましい。
 e. 針刺入時、皮膚伸展を十分に行なう必要がある。
 f. 特に腋窩中央部は毛流の方向が不定である為、術者は座る位置を適宜考慮する。 


______________________________________________________

腋窩部

 a. 特徴
(1)脱毛は、側胸部・腋窩中央部・上腕内側部の3つに

区分され、各々毛流が異なっています。したがって、各々

の毛流を良く把握する事が重要なポイントになります。特

に腋窩部中央は、毛流の方向が不定であるため手技が難し

く、術者により脱毛効果が著しく異なります。特に毛が少

なくなってくる5回目以降の脱毛は熟練した術者が行なう

べきです。6回目以降は細い軟毛が主流となるので、拡大

鏡下脱毛を勧める(すべて拡大鏡の使用が望ましい)。

腋窩脱毛は、氷冷却法で行なう場合と局所麻酔下で行なう

場合とに分かれますが、可能な限り、氷冷却脱毛の方が望

ましい。また、腋窩神経叢の走行の部位に対しては、針刺

入に充分な注意が必要です。


(1)腋窩神経叢
(2)外側神経束
(3)内側神経束
(4)腋窩動脈
(5)腋窩静脈

 


 b. 脱毛日程
【氷冷却法の場合】
 10日ないし2週間くらい毛をのばしてから、1回目の脱毛を始めます。その後、3〜4週間毎に脱毛していく。患者の事情により腋毛を伸ばせない場合は約2週間ごとにおこないます。6〜15回の脱毛が必要です。

【局所麻酔脱毛】・・・本来後期研修
 約3週間くらい毛を伸ばしてから、1回目の脱毛を始めます。その後1ヶ月後に2回目、1ヶ月半に3回目、その後、2ヶ月毎に脱毛していきます。6〜10回位必要です。(最近では初めから自己処理をしないで、2ヶ月毎に行ないます。)氷冷却法、局所麻酔法、共に脱毛回数6回目位からは拡大鏡下での軟毛脱毛を徹底的に行なう事が効果的に永久脱毛出来るポイントです。(初めから拡大鏡を使う習慣にした方がトラブルが少なくなります)
 上述は基本的な方針ですが、現在は5〜6回までは2ヶ月毎に全脱毛をします。事前に自己処理の無い方では、6回10ヶ月位で95%位は無くなります。



 c. 手技の実際
【氷冷却法の実際】
(1)初めに毛を剃り、10日ないし2週間後に第1回目の脱毛をおこないます。

(2)対極板は腋窩直下に置きます。

(3)手足の冷却法と同様にスキンマーカーにてマス目を引きます。1ますに10本位入るような大きさに引いていきます。

(4)第1回目は硬毛のみ脱毛します。毛が非常に密で皮膚の反応が強く出ると思われる場合のみ、腋窩中央部は間引き脱毛を行ないます。軟毛の脱毛を開始する時期は、皮膚反応や毛量により異なりますが、2〜3回目より行なうのが普通です。

(5)硬毛に対しては、S3410針、L3007針、(希にL4010、S4015針)を使用し、通電出力6,通電時間1秒とします。ただし、第1回目は痛みの恐怖感を少なくする意味で、1/2秒でも良い。軟毛に対しては S2707針を使用し、通電出力6,通電時間1秒とします。ただし、毛が細くてS2707針だけで脱毛できる患者が4〜5人に1人位はいます。(最近では1クラス上の太さの針を使用し、短い時間でする方が痛みが少ないようです。1/2~1/4秒でします。)

(6)氷冷却しながら皮膚を伸展させ、針を刺入する事は、手足の脱毛に比べ難しく、初心者がやると針を曲げやすい。手指で皮膚を充分に伸展させ、ニードルホルダーを保持している側の手は力を抜いて、針をスムーズに毛包内へ刺入します。(腋窩皮膚を充分に伸展させないと、曲がっている毛包が真っ直ぐに伸びない。毛包を直線状に伸ばしてから、脱毛針を毛包内に刺入させる訳です。)特に腋窩中央部は毛の方向が不定なので難しい部位です。特にS型針は、毛根に沿って真っ直ぐに刺入し、通電後、刺入時と同角度(針をあげたり、下げたりせずに)で針を抜く事が大切です。

(7)腋毛の上腕内側部皮下は、腋窩神経叢が走行しています。随伴している動脈・神経の走行を線で印した後、皮膚を上、又は下に引っ張り、針先が神経から離れるようにしながら通電する事が体節です。もし、針先が神経に触れた状態で通電すると、手指が瞬間、「ピリッ」と痺れます。

(8)6〜7回目よりL3007針またはS2707針にて1秒×2(2方向刺入)にて脱毛しても良い。



【局所麻酔施行の場合】・・・・・