日本医学脱毛学会事務局

〒933-0874 富山県高岡市京田441-1

0766-25-7066

  • Facebook - Black Circle

Copyright@2009 日本医学脱毛学会 All Rights Reserved.

5分でわかる
​脱毛術講座
5分でわかる​脱毛術講座
毛を再生
​させない原理
自己処理
​チェック
比べてみる
​治療法
治療の​流れ
▶ STEP1 毛を再生させない原理
● 毛の構造を知ろう
 毛は皮膚から下を毛根といい、皮脂腺やアポクリン汗腺とともに皮膚に開口しております。毛の再生の起源は膨隆部とか皮脂腺とも言われています。先端には毛乳頭がありますが、いずれにしても、そこを含めて毛根全体で毛は作られます。つまり、毛乳頭だけの破壊では毛を不再生にはもっていけません。
● 毛周期と脱毛できる時期
 毛には毛周期といわれる、いわゆる生えかわりがあります。成長期/退行期/休止期があります。これは部位によりそれぞれの時期が異なり、しかもかなり時期にはばらつきがあります。
 絶縁針を使う場合は毛が表面に出ていないと処理できませんので成長期の毛、または毛が残っている退行期や休止期の毛も処理がかなり確実に処理できます。
 レーザー脱毛では成長期の毛根がしっかりある成長中後期で、しかも黒い毛でないと脱毛出来ません。成長初期の毛にもレーザーがあたりますので処理は出来ますが一時処理と言う事になります。それでも1ヶ月程は毛はほとんど生えない事になります。
● 絶縁針電気凝固脱毛の原理
 毛穴に絶縁針を刺して、電気メスの原理で高周波を流すと毛根が焼却されます。つまり毛根を焼く事で毛の再生をなくします。絶縁針では単なる針と違い皮膚表面に電気を流さ無いため、皮膚表面を焼かずに毛根全体を焼きます。皮膚に最小限のダメージで毛根の処理をして毛の再生をさせません。原理にかなった理想的な脱毛方法です。脱毛処理後は毛を抜去しますので表面はきれいです。
  また皮脂腺も同時に処理される事が多いので油分が減少します。腋などで皮脂の発達された方などは、皮膚の状態も同時にきれいになる可能性があります。一歩一歩確実に不再生効果が狙えるのが利点でしょう。
1)絶縁針脱毛は皮膚表面を焼かずに毛根を焼く事が出きる方法です。
2)確実に1本1本が処理出来ます。
3)腋毛などは1回に全ての毛を処理できますので、毛周期の休止期の(平均6ヶ月ばらつき
  が1~10ヶ月)事を考えると、自己処理が無い方であればほぼ6回10ヶ月で終了しま
  す。
4)1年間かかっても、レーザー脱毛で処理しきれない毛も その後の絶縁針脱毛で早く終了
  出来ます。
5)はじめから絶縁針脱毛で開始、1回レーザー脱毛をしてから絶縁針脱毛へ移行、3回レー
  ザー脱毛して満足が出来なかったら絶縁針脱毛へ移行、1年約6回以上レーザー脱毛して
  も効果が無かった毛を絶縁針脱毛する。これらは診察で本人の意向と照らし合わせて決
  めていきます。
● レーザー脱毛の原理
 レーザー脱毛に使う、レーザーは単一光ですが、フラッシュランプではある周波数帯を使う原理ですが厚生労働省の判断ではレーザー同様の認識をしており、どちらも医療行為になります。毛周期の成長期後半のものが不再生効果があると考えられますが、成長初期ではレーザーが当たっても、毛根全体に照射エネルギーが発生しませんので、一時処理と思われます。レーザー脱毛では毛を剃ってから行うので毛根に毛が残っています。それが抜けおちるためには2~6週間ほどかかります。絶縁針と違って広範囲に短時間で処理ができるのが利点でしょう。

1)レーザー脱毛は皮膚表面を焼かずに毛根を焼くことが出来るレーザー機械で行う脱毛の
  事。
2)レーザー照射は、直径1cmの円形の範囲を1回照射で何本もの毛があってもその中の毛の
  ある毛根をまとめて焼却しますので広範囲を短時間で処理出来ます。
3)色黒の人、色素沈着、日焼け後、しみのある部分は皮膚表面も焼ける可能性があります
  ので、レーザー脱毛はむかず絶縁針脱毛が良いでしょう。
4)毛の太さや密集度によって、出力を調節する必要があります。
5)もし、レーザー照射部位にやけどなど皮膚トラブルが生じた場合は適切な治療を併せて
  行います。