日本医学脱毛学会事務局

〒933-0874 富山県高岡市京田441-1

0766-25-7066

  • Facebook - Black Circle

Copyright@2009 日本医学脱毛学会 All Rights Reserved.

6.体幹部・胸・他



1)特徴

 男性の胸部脱毛が主ですが、女性の中にも全体に軟毛が目立ち、特に中心部(胸骨〜臍を結んだ線)に多毛が見られます。また、腰部に多毛が目立つ女性もあります。


2)脱毛日程

 同一部位は1〜3ヶ月間隔位で脱毛して行きます。


3)手技の実際

1.すべて氷冷却脱毛にて脱毛します。

2.胸部・背部の脱毛の際には対極板は腕に、腹部・腰部の脱毛の際には脱毛部直下に位置させます。

3.慣れるまではスキンマーカなどで、脱毛部にマス目を引きます。1マスに10〜20本位入る様な大きさに引きます。(後期をする術者であれば、必要無いと思われます)

4.第1回目は間引き脱毛(2本に1本の脱毛)をし、第2回目からは、生えている毛の全てを脱毛して行きます。

5.硬毛に対しては、毛根部の長さにより、S3410針、L3010針、S4015針、あるいはL4010針を使用し、通電時間6・通電時間は1/2秒〜1秒とします。
 軟毛に対しては、U2707針(S2707針)、を使用し、通電出力6・通電時間1/2〜1秒とします。

※ 針選択と条件は最近は変わっているので注意する必要がありますが、基本を覚えてから変更して下さい。毛根に挿入できれば、太めで少し短めで通電時間を短くする傾向にあり、痛みを多少は軽減します。ただし、太めなので伸展と挿入がきちんと出来てないと、トラブルを生じます。